月寒すがわら眼科

011‐857‐0055

北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目1-36
ブランチ月寒メディカルスクエア1F

コンタクトレンズ処方
/オルソケラトロジー
contact_lens/Orthokeratology

眼科専門医と経験豊富なスタッフが皆さまの眼の安心・安全を第一に考え、適切なコンタクトレンズを選択し提供いたします。レンズの価格に関しても、患者さまの要望に沿えるような提案をいたします。
※当院では他施設のコンタクトレンズ販売処方箋の発行はしておりません。


コンタクトレンズ取り扱いメーカー

ディスポーザブル(使い捨てコンタクトレンズ) 1day/2week /遠近両用/カラコン

以下のメーカーからひとりひとりに合ったコンタクトレンズを選択しご提案いたします。

アルコン

アルコン

クーパービジョン

クーパービジョン

ボシュロム

ボシュロム

シード

シード

ロート

ロート

ジョンソンエンドジョンソン

ジョンソンエンドジョンソン

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズ


既にコンタクトレンズを使用している方

可能であれば、現在使用中のコンタクトレンズのメーカー・銘柄と度数がわかるもの(レンズの空き箱など)をお持ちください。


初めてコンタクトレンズを使用する方

今まで一度もコンタクトレンズを使用したことがない、初めてコンタクトレンズを使用される方は、眼の緊張をとった状態の屈折検査・顕微鏡前眼部検査・取り扱いの説明・実際のつけ外しの練習など多くの検査が必要です。そのため2度の受診に分けて検査・診察を行います。

(初診) 1.問診・診察

眼の状態、希望されるレンズのタイプ、使用するタイミングなどをお聞きします。

2.視力検査、角膜曲率検査

現在の視力、屈折の値を確認します。

3.散瞳、調節麻痺屈折検査、眼底検査

眼の緊張をとった状態の屈折値を確認します。

(再診)4.レンズの種類、度数決定

調節麻痺屈折のデータを生かして度数を決定します。

5.フィッティング検査、診察

トライアルレンズを装着し、レンズのカーブと角膜に対して適正かチェックします。

6.取り扱い指導、つけ外しの練習

初めてコンタクトレンズを扱う方はつけ外しに苦慮されることがあります。家庭でも安全に行えるよう練習を行います。

初回受診時に瞳孔を開く目薬(調節麻痺薬)を点眼して30分後に屈折検査します。初日はこの屈折データ取りと医師の診察を行い終了し、コンタクトレンズのつけ外しの練習や処方はまた後日の受診時に行います。

レンズの取り扱いやつけ外しは、1度の練習では身につけられないことがあります。レンズ装用練習は30分程度を目安として行い、取り扱いをマスターできなかった場合は後日にもう一度受診していただいて再度練習いたします。


オルソケラトロジーが向いているタイプ

  • 裸眼で生活をしたい方/近視の進行を抑制したい方
  • 軽度・中等度の近視で小学生~20代の方 (強い乱視の矯正には向きません。)
  • 仰向けで睡眠を充分にとれる方
  • スポーツをする方
  • レーシック手術に抵抗のある方


オルソケラトロジーの費用

初年度治療費用 
両眼15万5,000円(税込17万500円)、
片眼8万円(税込8万8,000円)

(※初期適応検査代5,500円、保存液代は別途料金)
詳しい治療費用はこちら オルソケラトロジー治療プログラム


オルソケラトロジー治療の流れ

初回通常検査

  • 近視について検査を行います。電話にてお問い合わせください。

適応検査
/お試し装用

  • オルソケラトロジー治療に適応があるか判定する検査をします。
  • 初期適応検査料金5,500円がかかります。
  • 1週間~2週間装用体験を行います。預かり金として別途3万円
    をお預かりします。
    (装用体験の結果、治療を行わない場合は全額返金いたします。)

矯正結果確認
/ レンズ注文

  • 装用体験を行って治療に適したレンズの度数を決定できましたら
    治療用レンズの注文を行います。
    (近視矯正が不十分な場合は別の度数のレンズで再度装用体験を行います。)

レンズ受け取り
/ 治療開始

  • 注文したレンズが届きましたら、ご自宅に連絡いたします。
  • ご自宅にて治療を開始していただきます。

定期検査

  • 治療開始から1か月後に定期検査に来ていただきます。
  • 以降は2-3か月おきに定期検査のため受診が必要です。
  • レンズの汚れの 状態にもよりますが、2-3年に1度のレンズ更新が必要です。